医学部に絶対合格するため予備校に通うことに

さすがにプロの指導というのは違う・・・

医学部 予備校 | メディカルロード

医学部に絶対に合格するために・・・ | 予備校に通うようにななり・・・ | さすがにプロの指導というのは違う・・・

今までは自分なりに効率よく勉強をしていたと思っていたのですが、さすがにプロの指導というのは違うもので間に合うのかと思うような所から進めていても最後にはやるべきところを全て終わらせてくれたので驚いてしまいました。
受験の時には出来ることはやりきったという感じがあり、これで駄目ならどうやっても駄目だろうというところまでのレベルになっていたのです。
そのため、落ちたとしても悔いはないという気持ちで受験に挑むことができたので、気合こそ入っていたもののプレッシャーに押し潰されるということはありませんでした。
しかし、試験の結果については受かったという手応えはいまいちなく全体的に出来てはいるつもりではありましたが、受かったであろうという自信はありませんでした。
もしかしたら落ちた時のショックを和らげるために、最悪の時のことを想定しておこうと潜在意識が働いたのかもしれません。
それだけに、合格発表までは駄目かなという気持ちだったのですが合格だとわかった時には、本当に嬉しくて飛び跳ねてしまうぐらいでした。